避妊薬の飲み方講座

避妊で太るのは脳のせい

避妊の方法として経口薬のピルを用いる方法があります。
他の避妊具を使う方法より自然なところが利点です。
日本ではあまり使われていませんが訪米ではよく利用されています。
薬ということで敬遠されていることも事実です。
でも、服用をやめるだけで元に戻り、妊娠することも可能です。
あまり利用されないもう一つの理由に服用すると太るからということがあります。
これはピルが直接的に関わっているのではありません。
ただし、その薬理(薬の効果のでる原理)から太りやすい状態になることが原因です。
ピルには卵胞と黄体の2つのホルモンが含まれています。
これらのホルモンは脳にある下垂体に作用します。
その結果、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンの分泌を抑制します。
これは妊娠しているのと同じような状態になっていると脳に勘違いさせて排卵を起こらなくさせるためです。
結果として、妊娠しにくい状態になります。

ですから服用中は体が妊娠しているのと同じ状態になります。
妊婦さんによくありがちな行為として栄養をとるために普段より多めに食べるようになります。
また、食べたものがいつもより効率良く吸収されるようになります。
そのため、妊娠していないにもかかわらず過剰な栄養を蓄積するため太ってしまいます。
ですから、ピルの服用で太るのではなく、よく食べるから太るだけです。

そのほか、ホルモンのバランスが変わるため水分の分泌が悪くなります。
結果としてむくんだ状態になり太ったように見えることもあります。
薬の副作用でなく、単純に食べ過ぎやむくみが原因ですから食生活を管理し、水分の分泌を良くするだけで体型を維持することが可能です。
つまりあまり食べ過ぎず、適度な運動をすることです。