避妊薬の飲み方講座

避妊の失敗と生理の遅れと不妊治療

性行為をする場合、特に未婚のカップルなどは、基本的には避妊をすると思います。しかし、慣れてきたりマンネリ化してきたりすると、どうしても避妊せずに行為に及んでしまった経験のある方は、実はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。避妊せずに行為をしてしまった結果、妊娠したり性病にかかってしまっり…色々な障害が生じます。特に、妊娠した場合、お互いに同意の元、例えば結婚していたり、結婚を前提にお付き合いをしている最中であれば、まだ大丈夫ですが、お互いの同意無しで、興味本位のまま、避妊せずに行為をしてしまった場合、その代償はかなり大きなものになります。避妊が失敗したと言うのは、もちろん生理が通常よりもだいぶ遅れてしまった時に発覚します。何も無ければ遅れるような事は通常ではほとんどあり得ません。また、避妊の失敗は不妊の原因にもなります。不妊の原因と言うのは様々あります。個人によってその原因は様々です。ここ数年では、パソコン等の電子機器から発生する電磁波が主な原因と言われています。また、現代特有のストレスも要因の1つです。また、不妊は大きく分けて2種類に分ける事が出来ます。男性不妊と女性不妊です。特に、最近では男性不妊が非常に増加しており、これが少子化の原因の一つともされています。男性不妊は非常に深刻です。全く精子がいない無精子症候群の場合は、残念ながら全く精子がいない状態のため、手術をしたとしても、精子を抽出することが出来ません。その為、あらゆる方法を模索し、医学的にではなく、東洋医学、いわゆる漢方等を用いて、外部からではなく、内部から精子を増やす方法を試す場合もあります。これも個人差によって効果の有無は分かれます。