避妊薬の飲み方講座

避妊薬による腹痛のチェック

経口避妊薬というのは、女性がみずから選択して避妊ができるという意味で画期的なものといえます。通常は毎日1錠を飲むだけで、確実ともいえるほどの避妊効果をもっていますので、飲み忘れのようなことさえなければ、もう望まない妊娠という恐怖におびえる必要はないわけです。
このような経口避妊薬には、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという、ふたつの女性ホルモンのかわりをするような物質が含まれていますので、飲み続けて体内のホルモンの量が一定の濃度になれば、排卵がとまったり、子宮内膜が薄くなったりと、妊娠を阻害するようにはたらきます。ただし、経口避妊薬にはいくつかの副作用もありますので、飲んだ後の感覚はチェックしておいたほうがよいともいえます。
チェックで引っかかるありがちな副作用としては、頭痛、吐き気、腹痛などといったものが挙げられます。この腹痛をはじめとする症状は、ホルモンの量が経口避妊薬の服用によって、一気に変化したことによる反動のようなものですので、基本的には飲んでいるなかで自然とからだが慣れて解消されてゆきます。
腹痛などは副作用でも軽易なものといえますが、ちょっと注意する必要があるのは血栓症のほうです。血栓症というのは、血管のなかに血のかたまりができてふさがってしまい、血液がうまく流れなくなるという症状のことを指しています。具体的な症状としては、胸が急に苦しくなったり、手足にしびれが感じられたり、刺すような頭痛がしたりといったものになりますので、チェックしてみたほうがよいといえます。とくに、タバコを毎日一定の本数吸うような女性については、血管が収縮気味となっていますので、血栓症にかかりやすいといえます。